【Googleアドセンスマネタイズの教科書】ブログ作りの前に読むべし!

参考本紹介
この記事は約7分で読めます。

Googleアドセンスでブログに広告を貼るだけでお小遣いや収入になるなら、やってみたい!と思いますよね。

この記事ではこれからブログでお小遣い稼ぎをしたい、副収入が欲しいと考えている人に読んで欲しい1冊、「Googleアドセンスマネタイズの教科書」を読んだレビューを書いていきます。

最近では10万、100万…と大きな額の収益報告をしているブロガーもいて夢が膨らむと思います。

ただそんなブログこそ思いつきで作られていることはなく、収入を目的としてブログの設計もきちんとされています。

ブログの設計って何?と思う人もいると思いますが、「Googleアドセンスマネタイズの教科書」を読めば、収入を得るためのブログ作りの方法がわかります。

それがわかったら本に沿って実践すれば、アドセンスで収入を得ていくのも夢ではないと思います!

created by Rinker
¥2,035(2020/10/26 02:17:22時点 Amazon調べ-詳細)

Googleアドセンスマネタイズの教科書5.0

【誰にオススメ?】

  • これからブログを作って収益をあげたい初心者さん
  • アドセンスは導入済みだけど、もっと収益をあげたい中級者さん

【何がわかる?】

  • 読者に読まれるブログの構成
  • Googleアドセンスで収益UPする広告の貼り方
  • 読者の役に立つ×収益が維持できるブログの作り方
スポンサーリンク

「Googleアドセンスマネタイズの教科書」が解決してくれる悩み

「Googleアドセンスマネタイズの教科書」は、アドセンスで稼げるジャンルや設定方法だけを教えてくれる本ではありません。

この本は「Googleアドセンスの設定方法」「アドセンスの稼ぎ方」だけではなく、次のような悩みも解決してくれます。

  • Googleアドセンスで稼いでいる人のブログの作り方が知りたい
  • ブログで稼ぐノウハウを詰め込みすぎて、結局何が良いのかわからない
  • ブログのトップページは記事一覧を載せているだけでいいの?
  • 良質なコンテンツって何ですか?

ブログに対してこういったお悩みを持つ人なら、「Googleアドセンスマネタイズの教科書」はとても参考になると思います。

created by Rinker
¥2,035(2020/10/26 02:17:22時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

「Googleアドセンスマネタイズの教科書」がブログ作りの前に読んで欲しい理由

「Googleアドセンスマネタイズの教科書」をブログを作る前に読んで欲しい理由は、SEOなどの難しくテクニックがいる部分は、必要最低限なのに効果が大きいノウハウのみが紹介されているから。

ブログ作成や運営を独学で進めていると、

インターネットで色々調べて、結局訳がわからないで作業が止まっている…

色々なノウハウがありすぎるインターネットの大海原を漂った結果、自分の頭の中が情報過多何が本当なのだろう…と疑心暗鬼になっている…

そんな時、大海原を生き抜くコンパスとして使える本だと思いました。

もしブログを書く上で動けなくなってしまっているなら、全ての情報をとりあえず捨て、この本の通りに1つずつ実践してみると新たな視点が得られると思いますよ。

スポンサーリンク

他のマネタイズノウハウと違う独自の観点もある

「Googleアドセンスマネタイズの教科書」では、世の中に言われている「稼ぐブログ」のセオリーと少し違う印象を持ちました。

その理由はブログを

  • 記事の量産がいらない
  • リライトがほぼいらない

の2つの観点から作るのが推奨されているから。

この2つの観点でブログ作りを提唱されている本は、あまりないように思います。

メンテナンスの労力がないから、極端な話作り終わったら放置しても収益が出続けるサイトができる、ということです。

理念は「収益を維持し続けるサイトを作る」こと

この本の基本的な考え方は「10年後も収益を維持し続けるブログを作る」であり、そのためにブログを書くポイントがわかりやすく書かれています。

ブログは常に記事を書き続けないと、いずれ情報が古くなって読まれなくなってしまいます。

読まれなくなるとアクセスが減るので、広告収入も同時に減ります。

でももし自分がほとんど更新をしなくても、ずっと同じ金額の収入を稼ぎ出してくれるブログがあったら?

とても夢のような話ですよね。

「Googleアドセンスマネタイズの教科書」のやり方をすれば、そんな夢のブログも作れるかもしれません。

その理由は、ブログの書く内容を「10年後も変わらないこと」を中心に書いていく方法だからです。

飲食店の情報などはお店がなくなる、メニューが変わる…など情報の更新が必要です。
逆に、猫の飼い方なら大きな部分は10年後も変わらない可能性が高いですよね。

本の中にはもっと細かい例が書かれているので、同じように考えるだけでブログの内容を決めることができます。

「初心者の私にはそんなブログ作れる訳ないよ…無理無理」と考えてしまう人は、本の内容を参考にブログに書く内容選びをしてみてください。

ブログの指標についての誤解がなくなる

私はこれまでブログは1ページ読んだだけでいなくなる「直帰率」をいかに減らし、ぐるぐると複数の記事を読んでもらうことが大事だと考えていました。

なぜなら1人の読者さんが何ページもブログを読んでくれれば、PV数が上がり滞在時間も長くなるはずだから。

でも「Googleアドセンスマネタイズの教科書」の中に書いてあることを読むと、必ずしもそうでないことがわかります。

「Googleアドセンスマネタイズの教科書」はこういった1つのノウハウからついてしまった誤解を解き、特にブログに使う指標の解釈を多様にしてくれる本だとも思いました。

…「直帰率」に関しては、情報に満足すればそのコンテンツを読み終わった時点で離脱するのが当たり前

もちろん回遊率を上げて、記事を読んで発生したユーザーの疑問に答えていく作り方も大事です。

ただGoogleアドセンスの収入をアップするなら、検索をしてくる人がすぐに答えにたどり着けたら、そのブログは役に立ったと感じてもらえるとのこと。

回遊率を改善するのが直接良い悪いというよりも、アドセンスで収益をあげたいならば

意図的に離脱ポイントを作る
…記事ページの出口はAdSense広告のみが理想

と本にも書かれており、読者が知りたい答えを早く提示して満足して気持ちよく離脱してもらう、がアドセンスで稼ぐためには大事だ、と新しい視点を得られました。

created by Rinker
¥2,035(2020/10/26 02:17:22時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

初心者さんは「Googleアドセンスマネタイズの教科書」は読む順序に注意

これからGoogleアドセンスで収入が欲しいと考えている人にオススメの「Googleアドセンスマネタイズの教科書」ですが、まだブログを作っていない人は、読む順序を少し変えた方がわかりやすいかもしれません。

  • ブログを作るために身に付けたい考え方(Chapter1、3、5)
  • ブログ作成途中や作成後に使える内容(Chapter2)
  • アドセンス導入後の運用方法(Chapter4)

「Googleアドセンスマネタイズの教科書」は共著なので各章で書いている人が違うためか、似たような話が飛び飛びになっているように感じました。

スポンサーリンク

Googleアドセンスで収益を狙うならブログを作る前に読むのがオススメ

「Googleアドセンスマネタイズの教科書」はこれからブログを作ってGoogleアドセンスで収入が欲しいなら、読んでおいて損はない1冊です。

この本は10年後も読まれ続けるブログの作成を作成し、Googleアドセンスからの収入を安定して得るのが目的です。

created by Rinker
¥2,035(2020/10/26 02:17:22時点 Amazon調べ-詳細)

そのため会社員で忙しい、なかなか時間が取れない人も始めやすい方法です。

本の中では3〜6ヶ月集中して記事を書くことが推奨されています。

ただ時間が取れない人は1年で100記事くらいを目標に書くことで、次の1年間で少しずつアドセンス収入を上げていくのも可能だと思います。

私も1年前と1年後の今では、今の方がアドセンス収入は格段に増えています。

しかし収益が上がっているのは1番始めに作ったブログなので、この本に沿ってブログの構成を考えていればもっと収入が増えたのかなぁ…と考えてしまいました(笑)。

これから新しいブログを立ち上げようとしているので、そのブログはこの本の通り実践して作成中です。

どう結果がでるか、今から楽しみです!

管理人
あきむら

IT女子/Webディレクター/Webライター
ITの修士号を持つリケジョで中学校1年生でホームページを作ってからサイト運営は20年ほど。2年間のフリーランス生活でITの知識を活かしてワードプレスのサポート60件以上。現在は会社員・フリーでWebディレクターやってます。

あきむらをフォローする
参考本紹介
IT女子のWordpress保健室
タイトルとURLをコピーしました